MJ-WAVE.COM

  1. MJ-WAVE.COM
  2. チュートリアル
  3. 【RSS Graffiti 2.0版】Facebookページや自分のタイムラインにブログのRSSフィードを表示しよう

【RSS Graffiti 2.0版】Facebookページや自分のタイムラインにブログのRSSフィードを表示しよう

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページや自分のタイムラインにRSSフィードを表示することができるFacebookアプリ「RSS Graffiti」の最新(2012.11.2現在)バージョン[2.0 Beta]の使い方のチュートリアルです。相変わらず英語ですが、バージョン1.xの頃に比べて入力する項目も少なくなりましたし、直感的に分かりやすくなったなーって印象を受けます。(1.xの頃のチュートリアルも書いてましたよっ!)

それでは早速、アプリの登録から、つまづきやすい点などを踏まえて、FacebookページにRSSフィードを表示させてみましょう。
始める前にFacebookにログインしておいてくださいね。

設定は完了してるのに、フィードが反映されない!って方はSTEP03のつまづきやすいポイントを確認してみてくださいね。

STEP01 Facebookアプリ「RSS Graffiti 2.0」を登録しよう


Facebookにアクセスして、検索ボックスに「RSS Graffiti」と入力しましょう。アプリのページが検索にひっかかるので、キャプチャの赤枠のリンクをクリックしてページを開きましょう。


ページ内の赤枠部分「アプリへ移動」または「アプリのページ」ボックスにあるリンクをクリックしてアプリ登録ページヘ。


何も気にせず「アプリへ移動」をクリック。


ここでも何も気にせず「許可する」をクリックしましょう。これでアプリの登録は完了です。

STEP02 RSSフィードを登録しよう


アプリの登録が終わったら、タイムラインに表示したいフィードを登録しましょう。赤枠の「Add New Publishing Plan」をクリック。


フィードの名前を入力します。何でも大丈夫ですが、ブログならブログ名を入力しておきましょう。これでフィードの登録が完了し、設定が可能な状態になりました。

STEP03 フィードの読み込み設定をしよう


次に、フィードのURLを入力して記事取得時の設定を行います。「ADD」ボタンをクリックしましょう。


フィードのURLを入力して、Add Sourceをクリック。


フィードのURLの登録が、完了したら上のような画面になります。


セレクトボックスを以下の値に設定します。

フィードを取得するインターバルの設定です。一日一回だったり、1時間おきだったり、時間を指定できます。ここでは「As Soon as possible」に設定(およそ10分おきにフィードを取得)
取得の際、未取得の記事が複数あった場合、同時に何記事読み込むか設定します。一回に何十もの記事がなければ基本的には「System Maximum」でOK
②に関連しますが、未取得記事が複数あった場合、古い記事から読み込むか新しい記事から読み込むか設定します。通常は古い方から読み込むほうが順番的に自然なので「Publish older posts first」を選択


記事を取得する際の詳細な設定に移りましょう。赤枠の「Advanced」をクリック。


記事取得に関する詳細設定画面に移動します。


記事を取得し、タイムラインに表示する際に記事の情報と一緒に表示する文章などの設定を行います。ここでは記事の情報は表示されるので「Static Text」を選択して「ブログ更新しました。」という文章だけ入れておきます。

つまづきやすいポイント「Cut-off date/time」

RSSフィードの登録は完了して設定は全て終えたはずだけど、書いた記事がタイムラインに表示されない。」と嘆くユーザーさんをよくTwitterなどで見かけます。以前のRSS Graffitiチュートリアル記事にもコメントが寄せられ、同じような問題を抱えている方が何人もいらっしゃったようです。僕も初めて使用した時は同じ問題に悩まされましたが、何とか解決。「Cut-off date/time」を設定していなかったことが原因でした。

Cut-off date/time」は「この日時より前の記事は読み込みませんよ。」という意味で、RSS Graffitiにフィードを登録した時点ではこの日時がフィードを登録した日時。つまり、たった今の日時が設定されているので、それより前に投稿されている記事は読み込まないよう設定されてしまってるのです。結果何も表示されなかったわけです。前の記事を読み込みたい場合はここの値を変更しましょう。


カレンダーアイコンをクリックすると、カレンダーのUIが出てくるので読み込む日時を設定します。その下の「Publish Delay」は正直何のための設定なのかわからないのですが、特に変更しなくて問題ないのでいじらないようにしましょう。
以上で、フィードの読み込み設定は完了です。

STEP04 フィードの表示設定をしよう


フィードの読み込みは完了したので、次はどのページのタイムラインにどのように表示するかの設定を行います。右側の「ADD NEW」クリックしましょう。


こんな画面が出てきます。「TARGET SETUP」の部分を設定しましょう。


①は「読み込んだフィードをタイムラインに表示するページまたはアカウント」を設定するためのセレクトボックスです。自分のタイムラインに直接表示するなら「user」、Facebookページに表示するなら該当するページを選択しましょう。
②は表示の際に「自分の投稿」なのか「Facebookページの投稿」なのか選択できます。自分の正体をバラしたくないなら「Facebookページの投稿」を選択しましょう。

上記設定が完了したらひとまず「Save Changes」をクリックしましょう。


右にタイムライン名が出たら、それをクリックしましょう。


タイムラインへの表示タイプを3タイプの中から選択できます。好みで選びましょう。Standardの方が読まれやすい気がします。選んだら下にプレビューが表示されます。


これで全ての設定が完了しました。最後に真ん中のスイッチを「ON」にするのを忘れずに。


僕のFacebookページです。こんな感じで表示されます。
http://www.facebook.com/mjwavecom

以上で、RSS Graffiti 2.0のチュートリアルを終了します。基本的な設定はとても簡単ですが、英語であるがためにつまづきやすい点もいくつかありますので、誰かの「なんでだろう?」にちょっとでも役立てれば幸いです。

もし、この記事が役に立ったらシェアしてくださいね!

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMEND BOOKS 筆者オススメ!! この記事に関連する書籍一覧

この記事に関連する書籍はありません